zowのプログラムな日々

日々のプログラミングとか

Mac(Yosemite)にHugoをインストールする

Hugo+Phalcon+MySQLで静的CMSっぽいものを作ると決めたので、まずはHugoの仕様を調べる。

Macの場合、homebrewにHugoのバイナリが用意されてるので、今回はこれを利用してMacにHugo環境を作成する。ちなみに本番はVagrant上にセットアップするので、Vagrantgolangをインストール後、Hugoをビルドする必要がある。

Macで実行するコマンドは以下。

brew install hugo

これで終わりらしい。楽ちん。

ただひとつ注意したいのは、pyenvでPython環境を複数切り替えて使っている場合だ。もしsystemにインストールされたPythonと違うバージョンに切り替えているのであれば、元に戻してから実行する必要がある。

~ 15:40:27 zow$ pyenv versions
  system
* 3.4.2 (set by /Users/zow/.pyenv/version)
~ 15:40:34 zow$ pyenv global system
~ 15:40:57 zow$ pyenv versions
* system (set by /Users/zow/.pyenv/version)
  3.4.2
~ 15:41:04 zow$

上記の様に切り替えてから実行する。

~ 15:41:35 zow$ brew install hugo
==> Downloading https://homebrew.bintray.com/bottles/hugo-0.13.yosemite.bottle.tar.gz
######################################################################## 100.0%
==> Pouring hugo-0.13.yosemite.bottle.tar.gz
?  /usr/local/Cellar/hugo/0.13: 5 files, 27M
~ 15:43:36 zow$ 

これでインストール完了。これでhugoを触ることが出来るようになる。

~ 15:49:14 zow$ hugo version
Hugo Static Site Generator v0.14-DEV BuildDate: 2015-02-22T17:09:28+09:00
~ 15:49:20 zow$ which hugo
/usr/local/bin/hugo
~ 15:50:02 zow$