読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

zowのプログラムな日々

日々のプログラミングとか

Mac(Yosemite)でGolang開発環境を構築する

スクリプト言語ばかり弄ってるのもいかがなものか、と言うことでGoを使ってみようと思う。

言語の名前は「Go」だけれども、「go」だとググラビリティが悪いので、一般的に「go」ではなく「golang」と呼ぶ慣習になっている。このブログでもgolangと呼んでいこうと思う。

Golangのインストール

Homebrewが入ってる状態で以下を実行

$ brew update
$ brew install go
==> Downloading https://downloads.sf.net/project/machomebrew/Bottles/go-1.4.yose
######################################################################## 100.0%
==> Pouring go-1.4.yosemite.bottle.tar.gz
==> Caveats
As of go 1.2, a valid GOPATH is required to use the `go get` command:
  http://golang.org/doc/code.html#GOPATH

`go vet` and `go doc` are now part of the go.tools sub repo:
  http://golang.org/doc/go1.2#go_tools_godoc

To get `go vet` and `go doc` run:
  go get golang.org/x/tools/cmd/vet
  go get golang.org/x/tools/cmd/godoc

You may wish to add the GOROOT-based install location to your PATH:
  export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/go/1.4: 4557 files, 134M
$

インストールが終わったら環境変数の設定をする。

以下を.bash_profileに追記

export PATH=$PATH:/usr/local/opt/go/libexec/bin
export GOROOT=/usr/local/opt/go/libexec/bin
export GOPATH=$HOME/dev/go

GOROOTはgoがインストールされてる場所

GOPATHは開発する場所

追記したら再読み込みしておく

$ . ~/.bash_profile

ちなみに、インストールされるのは最新の1.4らしい

$ go version
go version go1.4 darwin/amd64
$